• TOHOKU PURO BONO

    PROJECT 2021

    =参加者様向けページ=

  • プロジェクトの可能性

    (1)事業者(ココロイキルヒト)の熱量を体感し、自らの価値観が揺さぶられる体験を

     

    本プロジェクトで携わる事業者(ココロイキルヒト)は、熱い想いを持ち、社会のために先陣を切ってチャレンジし続けています。事業者の熱い想いに直接触れ、感じ、共に走りましょう。

     

    (2)自身のキャリアを見つめ直す

     

    事業者(ココロイキルヒト)の事業課題を深堀りし、解決策を模索するプロボノプロジェクトは、予定調和とはいきません。この経験は、専門性を活かすだけではなく、新たな可能性に挑戦するきっかけにもなります。自身の今後のキャリアを考えるきっかけになればと思っています。

     

    (3)プロボノメンバーと共に

     

    多種多様なバックグラウンドを持ったプロボノメンバーとの出会いは多くの気づき・学びを得られます。同じ熱い想いを持ったメンバーと今だからこその挑戦を。プロジェクト終了後も『東北プロボノコミュニティ』にて継続した学びの場を提供していきます。

     

  • 東北プロボノコミュニティ

    『東北プロボノプロジェクト』で活動した経験のある、
    プロボノと東北の事業者(ココロイキルヒト)とのコミュニティです。

  • コミュニティの取り組み

    (1)TOHOKU PRO BONO PROJECT

     

    定期的にプロボノプロジェクトのリリース&参加者募集を行います。

    熱い想いを持ち、社会のために先陣を切ってチャレンジする事業者(ココロイキルヒト)の熱い想いに直接触れ、感じ、共に走りましょう。

     

    (2)各種イベントの実施

     

    事業者(ココロイキルヒト)との交流イベントやキャリア開発に関するイベントなど各種イベントを提供します。

     

    (3)情報交換・学びの場

     

    プロボノプロジェクトのその後や新たなチャレンジ、東北の事業者・イベント情報など参加者同士の情報共有の場としてもご活用ください。

     

  • プロボノ体験記

    『東北プロボノプロジェクト』に参加したメンバーの体験記。
    プロボノで何を得たのか?率直な言葉をご覧ください。

  • Q&A

    お問い合わせいただいたご質問にお答えします。

    Q. プロジェクト参加期間はずっと現地にいるのですか?

    A. 本プロジェクトは基本的にオンラインで実施いたします。現地に居住する必要はありません。

    Q. 交通費は支給されますか?

    A. 基本的に全てオンラインでの実施を予定していますので交通費は必要ありません。また、もし、現地訪問を行う場合も、交通費支給はございません。参加者の皆様は金銭以上の価値を感じていただいたようです。

    Q. どんなことをするのですか?

    A. こちらのWEBに掲載しているのが大まかな内容です。事業者と皆さまのディスカッションを踏まえて、各プロジェクト毎に詳細を決めていきます。実施することが決まりましたら、チームメンバー内で役割分担をしていただき、具体的な作業を進めていきます。これまでのプロジェクトでは、主に首都圏での対面mtgやオンラインmtgでチーム内の進捗共有をしながら進めていきました。

    Q. 自分が役に立てるかどうか不安です。

    A. 事業者のプレゼンに心震え、自分も何かしたい!という気持ちがあれば大丈夫です。「あなたならではの強み」がきっと活かせると思います。

  • お問い合わせ

    一般社団法人IMPACT Foundation Japan

    担当:本多/神尾